かつての夢Flashサイトを想う。。

News!
Check!
遡ること20XX年、私はFlash職人になって食っていこうと本気で考えてました。そう、あの日までは…

Local Shared Object

Local Shared Objectとは

LSO関連ソフトは性質上2つの観点で作成されています。1つはセキュリティ観点からLSOを削除、書き出し制限をつけるもの。もう1つはLSOを閲覧、編集するものです。

セキュリティ関連ソフト

Objection :Firefoxの拡張機能。LSOの削除が行える

CCleaner: レジストリ最適化ソフト。LSOの削除が行える

Sandboxie: サンドボックス用のセキュリティソフト

閲覧編集ソフト

SolVE

.sol Editor

Dojo Toolkit

MAXA Cookie Manager

PyAMF

SOLReader

s2x

話題のflashゲーム

目立った不具合

Flash Player 10において、64KB以上のデータが読み込めない不具合が実在します。 そのため、Flash Player 10でLSOを使用する時には容量を64KB未満に抑えなければならないため注意が必要です。 2009年7月30日以降の Flash Player では、この不具合は修正されています。

セキュリティの問題

このようなことからセキュリティ上問題があると考案されており、Adobe社も対策を2つ提供しています。1つめはFlashPlayer再生中に右クリック後設定を選択し、今見ているサイトのローカル記憶領域を0にする方法。2つめは、Adobe社のグローバル設定サイトから全体の設定()をする方法です

LSOはサンドボックスのセキュリティモデルに基づいて作成されています。Adobe Flash PlayerはウェブサイトやドメインごとにLSOを自動的に保存します。 LSOはプライバシー問題を含むデータを持つこともありえるが、Cookieのようにテキスト形式で保存されるため可読性が高いです。 ちなみに、LSOはテンポラリファイルではなく通時的に保存されます。

プライバシー問題

Local Shared Object(ローカル・シェアード・オブジェクト、LSO)とはAdobe社のFlash Player がユーザーPCの内部に保存するデータ形式です。 データは「Flashクッキー」とも呼ばれ、ブラウザのクッキーのようにサイト毎の情報を保持します。 Macromedia Flash MX (Flash Player 6) 以降で実装されています。

今、あえてのflash