かつての夢Flashサイトを想う。。

News!
掲載以外の物件も多数揃えております。ご来店頂ければお探しの物件が見つかるかも…館山 別荘物件ご案内無料! いろいろ案内してわからないことは即安心サポート!! お気軽に連絡してください。
Check!
遡ること20XX年、私はFlash職人になって食っていこうと本気で考えてました。そう、あの日までは…

ActionScript

ActionScriptの概要

特徴としては、ECMAScriptの一種で、JavaScriptに形が類似しています。変数の宣言に「var」、関数の宣言に「function」を用いるほかに、自らのワークフローも似ていて、ディスプレイオブジェクトの投影、イベントリスナーの登録、リモートネットワーク等、様々なウェブコンテンツに適した機能があります。

ActionScriptが初めて搭載されましたのが2000年に発売されましたFlash5で、後継バージョンであるFlash MX 2004(Flash7)からは2.0が、Flash CS3(Flash9)では3.0が搭載されています。Flash4や、それ以前でも、スクリプト機能は搭載されていましたが、それは、ActionScriptとは呼ばれておらず、ECMAScriptベースでもませんでした。

ActionScript(アクションスクリプト)とは、アドビシステムズ社の製品であるFlashに使用されるプログラミング言葉です。ECMAScript(ECMA-262)を拡張した物です。これを用いることにより、動画や音声のプレイヤーの作成等、コンテンツに複雑な処理や双方向性を持たせたFlashを作成することが可能です。

ActionScript は主に SWF ファイルの開発用ソフトウェアである Adobe Flash および Adobe Flex でスクリプトとして記述します。

初代ActionScriptは単純で覚えやすいスクリプト言葉であり、プロトタイプベースのオブジェクト指向言葉でしたが、ActionScript 2.0、3.0ではより大規模開発に適したクラスベースのオブジェクト指向言葉を搭載し、より厳密化しました。

ActionScriptの文法

ActionScript1.0は文法がJavaScriptに類似しているが、ActionScript2.0からはクラスベースのオブジェクト指向言葉になりJavaに似通っています。 ActionScriptではすべてのデータをオブジェクトと見なしています。Flashではプログラミングコードを記述するスポットが複数あり、タイムラインのフレーム上に書いた場合とクラスとして外部ファイルに書いた場合と記述の仕方が若干異なります。ちなみに、ActionScript2.0(Flash 8)まではムービークリップまたはボタン上にプログラミングコードを記述できたが、ActionScript3.0(Flash CS3)で廃止されました。 ここではActionScript3.0の文法を説明していく。

ActionScript開発環境

Adobe Flex Builderでは、Eclipseプラグインの形で編集環境を提供しており、別言葉の修得者は差異に悩むことなく開発を行える。 またAdobe Flex SDKがAdobeから無償で提供されています。 上記以外の統合開発環境ではFlashDevelop等があります。

しかし、ActionScriptはAdobeの提供する各種アプリケーションで編集するのが基本形です。 しかし、一般的に使われている統合開発環境とは異なる点が多く、それらを経験したプログラマーには評判が悪い傾向があります。

3.0と全バージョンの違い

ActionScript 3.0では、初めての立体、透視の実装や、新しいディスプレイオブジェクトとディスプレイオブジェクトコンテイナーの体制を取り入れた全面的なリニューアルとなっている(文法はほとんど変わっていない)。しかし、関数を直接にイベントの使用すること等が出来なくなり、3Dモデリングソフトウェアのように自動的に物体の「深さ」(デプス)をレンダリングできないので、今までのバージョンに慣れているコーダーには難しいかもしれありません。そのために、色々なライブラリ(3D、フィルター等)がネット上で公開されています。

ADOBE以外のアクションスクリプト

無償のオープンソースの物や、サードパーティ製の Flash 開発用ソフトウェアも発売されている。それらのソフトにも ActionScript に対応しているものがある。オープンソースのMotion-Twin ActionScript 2 Compilerはアドビ社よりも速いコンパイルを謳っている。

またオープンソースのコンパイラを利用して SWF ファイルを ActionScript から作る FAME / FAMES / FLAMES 等と呼ばれる開発環境/開発手法が注目されている。

話題のflashゲーム

時代で見るActionScript

1996年~1999年

『アクションスクリプト未搭載』
  • 1997年 Flash 2: ボタン機能搭載と共に「ボタンアクション」「フレームアクション」搭載。getURL()やgotoAndPlay()等が可能。フレーム間の移動が可能になります。
  • 1998年 Flash 3: 複数のスクリプトの記述が可能になりました。loadMovie(), fscommand()等実装。
  • 1999年 Flash 4: 「アクション」機能大規模高度化。変数、四則演算、文字列処理、条件分岐等が追加。関数呼び出しに相当するのは、フレームの移動である、call()でした。

2000年~2002年

『アクションスクリプト搭載』
◎ActionScript 1 - ActionScript Virtual Machine 1
2000年 Flash 5: ECMAScript ベースとなり、関数が作れるようになります。
2002年 Flash MX: 「イベントハンドラメソッド」搭載。instanceof や === が導入され、より ECMAScript 準拠となります。

2003年~2008年

『アクションスクリプト全盛』
◎ActionScript 2
2003年 Flash MX 2004: クラスベースのオブジェクト指向が導入されます。例外処理を追加。
2005年 Flash 8
◎ActionScript 3 - ActionScript Virtual Machine 2
2006年7月28日 Flex 2.0
2007年3月27日 Flash CS3
2008年2月25日 Flex 3.0
2008年2月25日 AIR 1.0
2008年12月19日 Flash CS4
今、あえてのflash